筒井康隆

提供: SOS団Miraheze支部
ナビゲーションに移動 検索に移動
注意!ただの無関係情報には興味ありません。
Haruhism.png このサイトはあくまで涼宮ハルヒ関連文化をまとめるサイトであるため、無関係な活動等に関する情報の集積は我がSOS団も驚くほどの素晴らしい不思議でもない限り行っていません。どうしても掲載したい場合はWikipediaエンペディア、あるいは個人ブログにでも行って書きなさい。また読者各位も、ハルヒ関連以外の情報を期待しているならよそを探しなさい。団長命令よ!

筒井康隆(つついやすたか、英: Yaustaka Tsutsui、1934年9月24日 - )とは、日本の作家、俳優。涼宮ハルヒの憂鬱の角川文庫版の解説を行っているほか、涼宮ハルヒの憂鬱に触発されて、ビアンカ・オーバースタディ―というラノベを執筆したと述べている。

備考

  • ライトノベルについては、後に自作である時をかける少女が元祖であったと主張するようになるが、これもハルヒを読んだ影響である可能性が高い。時をかける少女は、学習研究社の「中学三年コース」1965年11月号から「高校一年コース」1966年5月号にかけて連載されており(当時の分類で言うとジュブナイル小説に当たる)、ライトノベルのターゲット層が主に若者であること、ハルヒなどの後のラノベ同様学校が舞台であること、ハルヒでも扱われているタイムトラベルが題材に用いられていることなど、ハルヒシリーズとの共通点も存在する。しかし、これは、最近ハルヒシリーズを本格SFとみる傾向が生じつつあるのと同様、両者の境界が実はそれほど絶対的ではないということを示しているのかもしれない。
  • 星新一、小松左京と並ぶ日本SF御三家の一人と言われており、筒井の小説がハルヒシリーズに影響を及ぼした可能性は存在する。例えば、筒井の小説、「果てしなき多元宇宙」では「時空連続体」という言葉が用いられているが、これはハルヒシリーズで長門有希が用いる「時空連続体」という言葉と酷似していることなどが根拠である。

外部リンク